スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タチバナの一族vsクリの一族『木の実のけんか』


 

*木の実のけんか*
 岩城範枝・文
 片山健・絵
 福音館書店 2008年出版
 


このところ青い極早生ミカン
毎日のように食べています。

甘酸っぱくて、冬のみかんとはまた違ったおいしさ。

太陽をいっぱい浴びて育った果実のおいしさは
体がとっても喜びますね。

この絵本は狂言の「菓争」(このみあらそい)が元に生まれた絵本です。

舞台では木の実の精たちが
作り物の冠をつけて登場するそうですよ。

ぜひ見たい演目になりました!


季節は陽気な

が満開の時期のお話ですが、

そこは木の実の精ですから
四季折々のたくさんの木になるたちが登場します!

読んでいても表紙に描かれているタチバナの一族の
お酒やご馳走にはいい気分になってきます♪

しかし、その様子をおもしろくないと
のぞいているのが栗の実

タチバナの一族が断りもなく自分の山で花見をしていることに腹を立てています。

木から半分顔を出してのぞいている様子は真剣そのもの。
真似したくなるようなおかしさです。

そこからどうケンカになっていくかは見てのお楽しみ(^^)


片山健氏の絵のアングルや場面の切り取り方にはハッとさせられますよ。

一部始終は満開の桜の隙間から見下ろすように描かれていて
花畑の中にいるよう。

最後はその全てを包み込む見事な春の山々と桜の大木の見開きで終わります。

お話のテンポといい
さわやかな空気感といい、また楽しい絵本に出会えました!

それでは今日はこの辺で。フレッシュ。よい一日を。sono


狂言のキンカンの役は子役が演じるそうです

スポンサーサイト
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌

ビタミンたっぷり☆遊びましょ『くだものさがしもの』


 

*くだものさがしもの*
 はらぺこめがね
 PHP研究所 2017年出版
 


きれいな色の表紙ですね。

絵本の中もとってもカラフル

果物のクイズ絵本です(^^)


書かれてある文章は果物たちがしゃべっているような口調ですよ。


「やあ ぼくたちは ばなな なのだ」

「おっす おらたち ぶどうずら」


顔が描かれている訳ではありませんが、
きれいな果物たちの問いかけには頭を使います。

メロンの模様をたどる迷路もあれば

弾けたぶどうの粒を数えるページもあったり、

カットされた洋梨にぴったり合うパーツを見つけるページもあります。

他にも次々と楽しいクイズが!


果物に癒されながら
楽しく遊べる絵本。

旅のお供にピッタリだな、
電車の中や待ち時間なんかに重宝しそうだなと思いました♪


はらぺこめがねさんは夫婦ユニット。
ホームページもとってもかわいいです。

著者HP ▶ http://harapekomegane.com/

それでは今日はこの辺で。脳トレしましょ。よい一日を。sono


表紙には海の生き物が紛れていますよ

テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌

きれいだな。おいしいな。一緒に食べたい『くだもの』


 

*くだもの*
 平山和子・作
 福音館書店 1979年出版
 


やっと歩き始めたくらいの女の子が
この絵本をお父さんとお母さんに一生懸命見せている光景を見ました。

本当にうれしそうに開いていて
ニコニコ、どうぞどうぞ!といった感じに(^^)

どれどれ
私も見てみたい!

手に取ってみたら・・・

まぁ、幸せな気持ちいっぱいになるフルーツがたくさん登場すること!

最初に現れるのは丸い

「すいか」。

次のページには大きく切られた真っ赤なすいか。

「さぁ どうぞ。」

文字はこれだけのシンプルな絵本ですが、

その絵はみずみずしく、
つやがあって、
種の感じや表面の切り口は本物と見まがう美しさです。

もも、ぶどう、なし・・・

思わずほおばりたくなりました☆


切ったら、皮をむいたら
こんな色、形になるのかという発見もあるかもしれません。


とにかく笑顔になる読み応え(^^)

あの子の笑顔が重なります。

それでは今日はこの辺で。果物大好き。よい一日を。sono


たっぷり調達だ!

テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。