ざわざわざわざわ聞こえてきますよ『なつですよ』


 

*なつですよ*
 柴田晋吾・作
 近藤薫美子・絵
 金の星社 2009年出版
 


先日テレビで
クワガタの採集に熱中している兄弟を見ました。

私も小学校の頃、妹弟と飼っていたなと懐かしい気持ちに。

まだ日も上がらない暗いうちに父に連れられ山へ行き
樹液に集まるカブトムシをゲットしたり、

ラジオ体操の後は山へ走り
木々に目を凝らしていたり。

いつからか、蝉も怖くなってしまいましたが・・・。


小さな生き物の世界に魅せられていた好奇心は、

いったいいつ生まれていつ消えていくのでしょうね。


今日の絵本のは七月くらいでしょうか(^^)

夏の昆虫や生き物がたくさん登場する絵本です。


1ページ目は宇宙から見た地球の見開き。
これは表紙からは想像できなかった始まりでした。

「こんにちは なつですよ」

描かれている森や海や田んぼや湖の中には
生き物たちがいっぱい!

よく見ると世間話をしているように見えてきたり、

あ、相撲をとっている昆虫もいますよ。

一匹一匹の目がかわいくて
この世界の言葉が聞こえてきそうです。

すっかり忘れていた感覚でした(^^)

それでは今日はこの辺で。まだまだ夏ですね。よい一日を。sono


いったい何匹の生き物たちが描かれているんだろう

テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌

風もおひさまも昨日と違う!ぼくらの季節『夏がきた』


 

*夏がきた*
 羽尻利門・作画
 あすなろ書房 2017年出版
 


残暑お見舞い申し上げます。

田舎のを満喫して帰ってきました。


暦の上では立秋を過ぎ、
ここ数日少しだけ
風や雲や陽ざしが変わってきたように思います。

暑くて暑くて
もう夏なんてこりごり!と思っていても

季節の移り変わりを感じる瞬間は、
ちょっとせつない。。。

でもまだまだ残暑は厳しくなりそうですので

今日はいっちょ夏本番の絵本といきましょう☆


『夏がきた』

青い空と濃い緑に引き込まれて手に取りました。

短い文章をドラマチックに演出している絵は、
ショートムービーでも見ているかのよう。


夏の音・・・セミの声、風鈴の音、

「からん ころろん」は麦茶の中の氷の音


海辺の町に住む人たちの他愛ない会話が聞こえてきて、
草や海の匂いもしてきます。


夏休み、のんびりお家で過ごした方も
これを見たら夏の思い出が一つ増えそう(^^)

少年の暑い夏の一日が詰まっています。

それでは今日はこの辺で。ちりんちりりん。よい一日を。sono


スイカ、夕立、線香花火

テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌

世界中を航海☆忘れられない夏の輝き『みどりの船』


 

*みどりの船*
 クェンティン・ブレイク・作
 千葉茂樹・訳 
 あかね書房 1998年出版
 


夏休みの物語です。

実は私、この絵本は何度も何度も読んでいます。

正直に言うと・・・
何度読んでもしっくりこなくて。

登場する人たちは
本当の人なのか?
夢の話なのか?

真面目に深読みし過ぎたようです。


大人は真剣に船長となり、

子どもはすすんで水夫に☆

たくさん遊んだ夏の思い出の物語です。


この絵本は、本気で遊んでくれる大人がいるってうれしい!
という気持ちが鍵なのかもしれません。

冒険したい好奇心も忘れずに

子どもの頃の夏休みを思い出しながら読んでみてくださいね(^^)


夏休みに退屈した二人の子どもたちは
禁止されていたお屋敷の庭にもぐりこんで行きます。

すると・・・

そこにみどりの船が!

ページをめくると
見開きいっぱいにその全貌がパッと広がります。


全体をとおして、
色を塗っていない白の配分が絶妙で

様々な夏の光も感じることができました。

それでは今日はこの辺で。遊んだもん勝ち。よい一日を。sono


夏休みの計画は立てましたか?
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌
Tag: