袋に入った海のカケラのよう『水おとこのいるところ』


 

*水おとこのいるところ*
 イーヴォ・ロザーティ・作
 ガブリエル・パチェコ・絵
 田中桂子・訳
 岩崎書店 2009年出版
 


イタリアの絵本です。

何とも言えないブルーがきれい!

全体をとおしてシックで静か、おしゃれです。
そして少し寂しい風が吹いているような絵本です。


初めて表紙を見た時は、このジョウロが目に入ってきて
他はブルー一色だと思っていました・・・

でもよく見ると
ジョウロの下に「おとこ」の頭と手が見えます。

そして、紙の船と赤い魚が優雅に泳いでいることも分かります。

この少しだけ見えている人物こそ
絵本の主人公「水おとこ」です。

人と違うことで誤解を受けてきた「水おとこ」が
不思議な声に導かれ辿り着いた場所が
この表紙の場所です。

枯れていた泉を潤し、
やっと居場所を見つけた「水おとこ」は、

「じゆうに のびのびうごきまわりました。」


もうすぐ梅雨に入りますね。

水のあるところを
じっと観察してみたら・・・

もしかしたら、この「水おとこ」の幸せそうな顔が
見えてくるかもしれません(^^)

それでは今日はこの辺で。吸い込まれるような青です。よい一日を。sono


ちらりちらりと、浮かんでは消える 不思議な笑み、見たいな
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌
Tag: