スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深呼吸を三つ『グラタンおばあさんとまほうのアヒル』


 

*グラタンおばあさんとまほうのアヒル*
 安房直子・作
 いせひでこ・絵
 小峰書店 2009年出版
 


安房直子さん(1943~1993)の物語を読みたいなと思って
図書館に行ったら
この児童書が目につきました。

30年程前に出版された童話の新装版のようです。

伊勢英子さんのやさしいイラストもなんとも言えず、
これは読書を楽しみ始めた子どもたちの心を
ぐっと掴むに違いないと思いました。


グラタンが大好きな一人暮らしのおばあさん。

小さなレンガの家に住んでいて、

毎日編み物、庭仕事♪

いつも食べるグラタンの中身は日によってエビだったり、しいたけだったり。
卵、じゃがいも、マカロニ、とり・・・(^^)


グラタン皿には
黄色いアヒルの絵が描かれています。

このアヒルこそ物語の主人公。

おばあさんが風邪をひいた時も健気に働く
不思議な力をもったアヒルです☆


しかし、ある日アヒルはおばあさんの所から
刺繍が好きな奥さんの家へ移り、

次は一人でお留守番をする男の子の元へ旅して行きます。


寒い冬の物語ですが、
心がほくほくポカポカ温まる読書時間を過ごすことができました。


安房さんが亡くなられたあと出版された
「安房直子コレクション」は全7巻。

 

各巻に貴重なエッセイも付いているようなので
ゆっくり読んでいこうと思います。楽しみがまた一つ増えました。

それでは今日はこの辺で。よい一日を。sono


スポンサーサイト
テーマ: 児童文学 | ジャンル: 本・雑誌

コケ、コケコッコー☆『ケイゾウさんは四月がきらいです。』


 

*ケイゾウさんは四月がきらいです。*
 市川宣子・さく
 さとうあや・え
 福音館書店 2006年出版
 


図書館では時間をかけて
ゆっくり本を選ぶ派です。

グッとくるものに出会えないと
どれを開いてみても面白くないなという日だってあります。


あぁ、今日もパッとしないなっと思っていた日、

コロコロコロ・・・と

一人の少女がカートを押しながらやってきました。

慣れた手つきでサクッサクッと本をカゴに入れているではありませんか。

ジャケ買いならぬ背(表紙)借り。

そうか、
私にはこれが足りなかった!

選好みしていては
楽しい本に出会う可能性を狭めてしまうではないか。

その日から私は
占い気分でサクッと選ぶ本も加えることにしました♪


今回のチョイスはこちら。
『ケイゾウさんは四月がきらいです。』

ケイゾウさんとはなんとも古風な名前です。
どんな人だろうと想像していたら・・・

「ケイゾウさんはにわとりです。」の出だし!ハハハ!

大吉です。

ケイゾウさんが嫌いなものが
十個、章ごとに書かれてあってとっても笑えますよ(^^)

偏屈で口が悪く、頑固者。でも憎めないケイゾウさん。

児童書ですが全ページにカラーの挿絵があり
たまらなくかわいいです☆

いつも眺めていたいケイゾウさんでした。

それでは今日はこの辺で。コケ、コケ、コッコ!よい一日を。sono


月刊雑誌『母の友』に時々掲載されていたお話だそうです
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌

響き渡るはランパンパン♪太鼓で行進『ランパンパン』


 

*ランパンパン*
 マギー・ダフ 再話
 ホセ・アルエゴ/アリアンヌ・ドウィ・絵
 山口文生・訳
 評論社 1989年出版
 


これはおもしろいインドの民話ですよ。

目で読むのはもったいない。

思わず

「ランパンパン ランパンパン
       ランパンパンパンパン」

と声に出して読んでしまいました♪

山口文夫さんの訳は
スルスルと心地よく読めます(^^)

桃太郎や猿蟹合戦を思わせるお話。


主人公のクロドリ(黒い鳥)は
王様にさらわれた女房を救出に出かけます。

道中に出会うのは
王様に恨みをもつ猫やアリや木の枝・・・

「ぼくののなかにお入りよ」と言って

仲間になっていきます。

その絵はとても楽しくて
大きな猫も
みるみる小さくなって耳に入っていきます!


クロドリの横に常に描かれる吹き出しの絵も必見ですよ☆

耳の中で待機している仲間たちの姿が描かれているのですが
イチイチかわいいです。

クロドリは
「ランパンパン」と太鼓をたたいて行進♪

冷静な戦いぶりもさることながら
気合いの入った格好にも拍手をしたくなりました。

それでは今日はこの辺で。ランパンパン♪よい一日を。sono


女房、愛されてますねぇ

テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌

たまごは21日間あたためられてひよこに『たまごとひよこ』


 

*たまごとひよこ*
 ミリセント・E・セルサム・ぶん
 竹山博・え 松田道郎・訳
 福音館書店 1972年出版
 


この絵本の訳者、松田道郎さんはあとがきにこう書いています。

「教育は子どもの将来に役にたつであろうと思えるものを、
十年も二十年も早くあたえることです。」と。

どれだけ返ってくるか分からなくても、それは投資なのだと。


この絵本は、たまごがどんなふうに誕生し、ひよこになり、
にわとりになっていくのかを教えてくれる科学絵本です。

お店に売っているたまごがひよこにならないわけや

生命が誕生した時の「胚」と呼ばれるものは、
人間も、ひよこも、魚も
みんな同じような形をしていることも書かれてありました。

生命の神秘ですね。


21日間の卵の中の様子は、
とてもやさしい色彩で描かれています。

卵の中で起こっていることはもちろんメインなのですが、

丸い卵の外側。背景の色にもご注目☆

日を重ねるごとに、淡い肌色からじわじわと濃いピンク色に変化していき、
私は感覚的に命が強くなっていくような、そんな感じを味わいました。


卵からひよこが生まれ、にわとりに成長し、

そしてまたそのにわとりが卵を生んで、ひよこになって・・・

命の循環は静かに心に響いてきます。

なんだかとても大きなことをストンと納得できた気持ちに(^^)

この絵本は、子どもたちが抱く「生」の好奇心を
やさしく満たしてくれる一冊だと思いました☆

それでは今日はこの辺で。きっと何倍にもなって返ってくる☆彡よい一日を。sono


見返しはポップなニワトリとヒヨコのイラスト☆このギャップいいな
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌

日本全国にいる幸せの青い鳥『カワセミ 青い鳥見つけた』


 

*カワセミ 青い鳥見つけた*
 嶋田忠 文・写真
 新日本出版社 2008年出版
 


この表紙の写真を見たら、パッと野川を思い出しました。

こんなにきれいな鳥は
山奥にしかいないと思われるかもしれませんが、

私がカワセミに出会った場所は、東京都調布市、野川沿いです。

あの頃は、ひたすら自転車(ママチャリ)をこぐことが
私のスッキリエクササイズでした(^^)

野川沿いの道は絶好のサイクリングコース。

西へ東へ、野川経由で北へ南へ(笑)

ほのぼのとした川沿いの道は
緑がとても多く、おもしろい家々もたくさん並んでいて

眺めながら走っているだけで時間はあっという間に過ぎていきました♪

春は桜でいっぱいになるんですよ。

小さな橋をガタガタと走っていく車は、
ジブリ映画のようにかわいく見えていたな。


そして、この川沿いの道には必ずいるんです。
大きなカメラを構えている方々が!

皆、カワセミ撮影隊です。

私も自転車を止めて、レンズの先を追いかけて見たことがありました。
いるいる青い鳥!
その時はとても美しい羽根の色に本当に驚きました。

しかし、カワセミの大きさはスズメほど。
草陰に入ると、もうどこにいるのか分からなくなってしまいます。

しかもすばしっこい!

こんな超難易度の高い標的をこの写真絵本は、

カワセミが餌をとるために水面に飛び込んで行く様子
水中で魚を捕まえる瞬間も

とても鮮明に見せてくれるのです。

その間1秒もかかっていない出来事とのこと。本当にスゴイ!

嶋田忠さんの一瞬も目を離さないぞ!という執念さえ感じてしまいました。

それでは今日はこの辺で。まばたきせずに読んでね。よい一日を。sono


調布市は本当にいい街です
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌
Tag:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。