スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ミリも間違えずにここにいる『自分におどろく』


 

*自分におどろく*
 たなかかずお・文
 あべ弘士・絵
 童話館 2017年出版
 


小さい頃、小さな詩集を持っていました。

内容は覚えていないし、
その当時も書かれてある言葉を理解していたのか分かりません。

でも、なぜかその本の大きさと
開いたときの余白が新鮮で
私にとってとても特別な本でした。


この詩集もサイズは手のひらほど。

右のページには詩があり、
左のページにはカラーの絵があります。

考えてごらん
いまここに
きみはいる
なぜだ?
なぜいるのだ
どこから来たのだ
きみは
いったい
だれだ?

問いかけから始まる詩は
物語のように続く長い一編

ページをめくればめくるほど

階段を一歩一歩、
扉を一つ一つ開けて進んで行くかのように
引き込まれていきます。


壮大な人類の歴史をたどって、
強い使命のようなものを感じて本を閉じるのですが・・・

表紙に戻って男の子と目が合うとニコッ。

シンプルに自分という存在の奇跡が誇らしくなりました(^^)


1935年生まれの田中和雄氏が綴るメッセージ。

今すぐピンとこなくても
きっと手に取った子どもの特別になることだろうと思います。

私が私になった確率
私として生まれてきてよかったということ、

いつでもやさしく教えてくれる一冊です。

それでは今日はこの辺で。よい一日を。sono


スポンサーサイト
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌
Tag:

眠れない夜に採用いたします『ひつじがいっぴき』


 

*ひつじがいっぴき*
 木坂涼・詩
 長谷川義史・絵
 フレーベル館 2007年出版
 


ひつじ

ねむれないとき
ひつじをかぞえる
ひつじが いっぴき
ひつじが にひき
ひつじが さんびき
ひつじが かぜひき
ひつじが ななひき
ひつじが つなひき
ひつじが じっぴき
ひつじが きゃくひき
ひつじが ひゃくひき
ひつじが ゆきかき
ひつじが しりかき
ひつじが いびき
ねむれなければ
さいしょにもどる

ハハハ。おもしろい☆
順番を微妙に間違えそうですが暗唱決定(^^)

なんと一冊の中に31匹のいろんな動物たちの言い分が綴られています。

それぞれの気持ちや事情、自己紹介が楽しく
言葉遊びやリズムも最高です。

長谷川義史さんが描く動物たちもキュート。

ほとんどモノクロの詩集ですが、
動物の個性がゆるっとした線で迫ってきます。

長谷川義史さんが描いた絵本はいつの間にか6冊目☆

364日は退屈なんだよね『トトトのトナカイさん』

うれしくて書いて唱えてぶつかって『いろはにほへと』

もっと もっと もっと自分を好きになるぞ『しげちゃん』

毎日が幸せいっぱい『おじいちゃんのごくらくごくらく』

風が吹き抜けていきます『ぼくがラーメンたべてるとき』

それでは今日はこの辺で。詩っていいね。いいね。よい一日を。sono


ひつじがいっぴき ひつじがにひき ひつじはときどき ときめきのんき
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。