一年でこんなに成長するんだね『あかちゃんてね』


 

*あかちゃんてね*
 星川ひろ子 星川治雄 写真・文
 小学館 2005年出版


今まで、赤ちゃんの成長っぷりに何度驚かされてきたことか。

え?!

この前このくらい小さかったよね?
重くなった!顔も変わったね!

成長はうれしいし不思議だし、こんな会話で必ず盛り上がってしまいます♪


この絵本は一人の赤ちゃんが生まれた一時間後から
一歳の誕生日までの成長


1週間、1か月、2か月・・・と追っていく写真絵本です。


文章はお姉ちゃんの語りで綴られ
お姉ちゃんの成長も感じられる一冊でした。

圧巻なのは
赤ちゃんの成長を全部並べて見せてくれるページがあることです☆

これはすごい!
12人のれいちゃんが同じパンツを履いて並んでるんですよ。

赤ちゃんがどんどん大きくなっていく様子が一目で分かりました。

撮影用のパンツは成長に合わせて三枚手作りされたとか(^^)


命のたくましさがリアルに分かると同時に
私もこうやっていろんな人の手の中で育ったんだなと感じられたり、
妹、弟が赤ちゃんだった時のことをうっすらと思い出したり。

幸せな気持ちを充電できました。


星川さんは以前ご紹介した『ぼくたちのコンニャク先生』の作者です。(☆過去の記事

それでは今日はこの辺で。最後は大中小のパンツ写真(^^)よい一日を。sono


一日一日一歩一歩
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌

早く会いたいな『あしたうちにねこがくるの』


 

*あしたうちにねこがくるの*
 石津ひろこ・文 ささめやゆき・絵
 講談社 2000年出版


ニンマリ。

扉を開けた見返しのイラスト

これ、印刷して活用したい!と思ってしまいました(^^)

包装紙、便箋、マスキングテープ、シール・・・
いろんな文房具になりそうなねこ、ねこ、ねこの絵です。


ねこを飼うことになった女の子は考えます。
明日来るねこは、いったいどんなねこかしら?

もしも・・・○○だったらどうしよう。

この○○がおかしくて。


私のおやつを盗んでばかりのねこだったらどうしよう。

招き猫みたいに動かなかったらどうしよう(笑)

淡くおしゃれな色彩の絵が
女の子の心の奥のドキドキ感をじわじわと伝えてくれます。


「ピンポーン」


最後はかわいいかわいい子ねこが現れますよ。

よかったね。きっとすぐ仲良くなれるよ。

それでは今日はこの辺で。ヨーロピアンな空気漂う絵です。よい一日を。sono


ささめゆきさんは男性です(^^)
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌
Tag: ねこ

おはよう!『あさになったのでまどをあけますよ』


 

*あさになったのでまどをあけますよ*
 荒井良二 作・絵
 偕成社 2011年出版
 
清々し~い。

「あさになったので まどをあけますよ」

山のふもとに住んでいる人
街の高層ビルに住んでいる人
ゆったりと流れる川の近くに住んでいる人

それぞれの朝は
それぞれの心の風景。

「だから ぼくは ここがすき」と結ばれていきます(^^)

そして
「きみの まちは はれているかな?」


荒井良二さんの絵は、
手をぐーっと広げたくなるような気持ちよさです。

朝の澄んだ空気を胸いっぱいに感じることができました。


今日のこちらの空は曇っていますが
窓を開けて空気を入れ替えて・・・深呼吸

この絵本を読んだら動きたくなって海までウォーキングしてきました。


海は やっぱり 大きくて
潮風 やっぱり 心地よく
だから わたしは ここがすき

あぁ、いい日になりそうです。

それでは今日はこの辺で。朝の光はやさしくてまぶしい。よい一日を。sono


100冊突破!今日も絵本の窓を開けますよ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
絵本ってホントにいいな(^^)
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌
Tag: 時間

みんな集まれ~!『わんわん わんわん』


 

*わんわん わんわん*
 高畠 純・作
 理論社 1993年出版


わんわん わんわん
ニャーゴ ニャーゴ
ぶひっ ぶひっ・・・

いろんな動物たちの鳴き声だけが書かれてあるシンプルな絵本。

しかしあなどるなかれ。なかなか後を引く一冊です(^^)


左ページは動物の鳴き声の文字、
右ページは動物の絵というスタイルになっているのですが、

鳴き声はそれぞれの動物がいる場所とぴったり合うように書かれてあります。

動物の大きさや、声の大きさによって
文字の大きさも違います。


突然、みんなが何かの気配に固まって小さな鳴き声になるシーンがきます。

何事かと思ったら

「プオーン」とぞうが現れ、

その後を「ゴッホ ゴッホ」とゴリラがつけて行き、

右から左へ横断していくではありませんか。

今までの絵本の構成をサラッと無視して通り過ぎていくこのシーンには
目がテンになりました。


自由奔放に見える動物たちですが、
読んでいるうちになんとなく通訳できそうな気分になってくる自分にも笑っちゃいました。

それでは今日はこの辺で。動物たちのおもしろ集会☆よい一日を。sono


犬猫豚 にわとり牛やぎ ぞうゴリラ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌

おはなし迷路『わっこおばちゃんのしりとりあそび』


 

*わっこおばちゃんのしりとりあそび*
 さとうわきこ・さく
 童心社 1989年出版


わっ!
絵本を開いて思わず声を上げてしまいました。

この絵本、絵があって文章がある絵本ではありません。

見開きの右上がスタート、左下がゴール。

めくってもめくっても、いろんなしりとり迷路が現れます☆

ちゃんとしりとりになるように進めれば
ゴールまでのお話もつながっていくという仕組み。


間違って進んでしまっても大丈夫!
なんだかおかしなお話の展開になりますが、それもまた楽しめます。

あっという間に時間が過ぎてしまいました。


みなさんは迷路にはまっていた時期ってありませんでしたか?

私は休み時間になると迷路書き。友達と遊んでいた頃を思い出しました。

細かく書き過ぎて、自分でもゴールできなかったり、

書くことに夢中になって
スタートもゴールもどこでもよくなったり(笑)


この絵本は、もちろんちゃんとたどり着けるので
なぞって進んでみてくださいね。達成感がありますよ!

それでは今日はこの辺で。やめられないとまらない。よい一日を。sono


迷路がてんこ盛り
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌