ふわふわ はらはら いっぱい ふれふれ『ゆき』


 

*ゆき*
 きくちちき・さく
 ほるぷ出版 2015年出版
 


昨日はカーテンを少し開けて
作業の合間、合間、
降るを眺めていました。

雪が降らない地域で育ったので、
私にとって雪は特別です。


今、続々と新しい絵本作家さんが生まれていますが、
きくちちきさんも
最近書店でよく見かける人気作家さんではないでしょうか。

一見、自由でやわらかく、
のびのびとした印象を受けるのですが、

色彩の豊かさや構図に
並々ならぬこだわりを感じます。


ゆっくり降り始めた雪。

やさしく森を覆っていきます。

リスが鳥がウサギが
どことなく慌て始め、

しだいに雪の様子が変わっていきます。

森のざわめきや
きんと張り詰めた空気
雪の厳しさ冷たさは

ページをめくるごとに加速していきます。


短い文章ながら文字の存在感もあります。

を大画面で体感できることはもちろん、

まだ字が読めなくても
美しい色彩の上にある文字

目で追う楽しみもありそうだなと思えました(^^)


さっきまで青空だったのに
雲行きが怪しくなってきました。
今夜も雪かな。

外を眺めながら雪深い森の景色を想像しました。

それでは今日はこの辺で。よい一日を。sono


関連記事
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する