スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お父さんの顔かわいい ぺちぺち『かわいいおとうさん』


 

*かわいいおとうさん*
 山崎ナオコーラ・ぶん
 ささめゆき・え
 こぐま社 2017年出版
 


この絵本を初めて読んだ時は、

子どものことが愛おしくてたまらない
大人に向けた、大人がうれしくなる絵本だなと感じていました。

でも改めて読んでみたら

別の景色が広がりました。


おとうさんの かお
かわいい

ぺちぺち


お父さんの顔のアップのところに
子どもが甘えるように入り込んできてお父さんの顔を触ります。

メガネを取ったり、鼻にかみついたり、
かわいいかわいいと言ってじゃれています(^^)


きっとこの絵本をお父さんの膝の上で読んでもらった子どもは・・・

目の前に、お父さんの絵。
振り向いてもお父さん。

あれれ??ハハハ(^^)


これは大人だけがうれしくなる絵本ではないぞ、

子どももニコニコ、
もしかしたらその姿を眺めているおじいちゃん、おばあちゃん、
もちろんお母さんも、

みんなが幸せいっぱいになる絵本だなと思えました。

ささめゆきさんの絵も
とってもやさしい色合いでほっとします。


 

山崎ナオコーラさんのエッセイ『かわいい夫』もオススメです。

日常の事、お父さんのこと、結婚のこと、流産のこと、そして再び妊娠のこと。
彼女の気取らないまっすぐな言葉には何度も頷きました。

この本が出版された時はまだお子さんがいなかったのですが
その後出産されたことを知ってとてもうれしく思いました!


『かわいいおとうさん』には、
山崎ナオコーラさんの家族に対する愛情がたっぷり詰まっています。

それでは今日はこの辺で。よい一日を。sono


関連記事
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。