スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いただきまーす!ごちそうさまでした!『おいしいおと』


 

*おいしいおと*
 三宮麻由子・ぶん
 ふくしまあきえ・え
 福音館書店 2002年出版
 


カコッ ホッ  カル カル カル カル カル

春巻を食べる音です(^^)


水色の素敵なテーブルクロスの上にある一皿と
ご飯とお味噌汁。

ほうれん草のおひたしにカボチャの煮物、デザートまで。

やさしい絵で現れて、

口にした時のおいしい音が響きます。

ああ おいしい!


食べた時の音、
確かにこんな音♪

カタカナで表記された音を
一生懸命読んでいるうちに

食べている気分になってきて、

食べ物の温度や食感、音、味までも口の中に広がってきます(^^)

するとどんどん
おいしい音が自分流のリズムになってきます。


考えてみたら・・・

小さな子どもたちにとっては
食べ物だって初めてがいっぱいの毎日。

何でもおいしい、おいしい、
食べることって楽しい♪と思って欲しいです。

子どもたちの
元気なごちそうさま!も聞きたくなる一冊。

さて、今日は何のご飯にしようかな。

それでは今日はこの辺で。よい一日を。sono


関連記事
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。