スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静かに静かに『からだのなかでドゥンドゥンドゥン』


 

*からだのなかでドゥンドゥンドゥン*
 木坂涼・ぶん
 あべ弘士・え
 福音館書店 2002年出版
 


体の中から聞こえてきます。

ドゥン ドゥン ドゥン。

犬のコロからも
猫のミーコからも心地いいがします。

とかげの鼓動は、
トゥク トゥク トゥク トゥク。

鳥の鼓動は、
タク タク タク タク タク タク タク タク。


生き物たちの鼓動は
直接聞いたことがなくても

とってもリアルに感じられます。

動物園で働かれた経験のあるあべ弘士氏の絵だからでしょうか。

どの生き物たちもかわいくて穏やかで、

絵と音のイメージがぴったりです☆


ラッコのページには赤ちゃんラッコも登場。
親子でぷかぷか。

すやすや気持ちよさそうなクマの親子や
静かに寄り添うキツネも現れて、

心がすーっと安らぎます。


耳にあててやっと聞こえる心臓の音。

小さな声で読みたくなる命の音です。

それでは今日はこの辺で。よい一日を。sono


関連記事
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。