あっちでもこっちでも芽をだすよ『すみれとあり』


 

*すみれとあり*
 矢間芳子・さく
 森田竜義・監修
 福音館書店 1995年出版
 


GW前半に熊本県の阿蘇にある月廻り公園に行ってきました。

そこには広大な緑の芝公園が広がり、
阿蘇の山々がそれはそれは大らかに連なっていました。

とても晴れていて
風も心地よく

緑に癒され
青空を見上げて

ぐ~んと背伸び。深呼吸。

絶景のパノラマに胸が熱くなっていたら

足元に濃い紫色のスミレを見つけました。

芝の隙間をよく見ると
あちこちに小さなスミレが咲いているではありませんか。

芝の緑に隠れながらも
一層グリーンを際立たせるように咲く紫のスミレはとてもきれいでした。


今日ご紹介する絵本は、

コンクリートの割れ目にも石垣の隙間にも咲くスミレと
種を運ぶアリの様子を観察できる一冊。

なぜかな?どうしてかな?
と問われているうちに

小さな生き物たちの世界を
ひたすら眺めていた子どもの頃の気持ちを思い出しました(^^)


親のスミレから遠く離れた場所でも立派に花を咲かせるスミレ。
それを助けるアリ。

身近な科学の世界と思いきや

あの頃には気付かなかった自然界のまっすぐな友達関係も見えてきて
なんだかぐっときました(^^)


公園に咲いていたスミレの周りにも
せっせと働くアリたちがいたのでしょうね。

想像していたらあの広大な月廻り公園が宇宙のように思えてきました。ふふふ。

それでは今日はこの辺で。よい一日を。sono


関連記事
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌
Tag: 自然

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する