テケテンテン テケテンテン 実況中継『はっきよい畑場所』


 

*はっきよい畑場所*
 かがくいひろし・作
 講談社 2008年出版
 


昨日に引き続き相撲の絵本(^^)

昨日は琴恵光、勝ち越しました!
いや~立派立派。

ここ数年は緊迫した取り組みだけでなく、
北の富士さんの解説も楽しみの一つです。

夕方は何かをしながら
テレビをつけていることが多いのですが

耳は北の富士さんの歯に衣着せぬコメントに反応。

ひやひやドキドキ、笑っています。


テケ テン テン テケ テン テン

畑場所の解説はカエルのけろのすけ親方。
司会はミミズのみみずたろうです。

東は玉ねぎ錦。
西はにんじん若。

「ずん」と現れ
「ぱらぱら」っと塩をまき
「そーれ、よいしょ」と四股を踏みます。

どの野菜力士も愛嬌たっぷり。

それぞれの大きさや形を武器に奮闘します。

広い畑の中で野菜たちが相撲をとっている様子を想像すると
ほのぼの。平和です。


以前、木城えほんの郷でこの絵本の原画を見ることができましたが

最初のページ、
取組表が印刷文字でなく直筆だったことに驚いたことを覚えています。

かがくいひろし氏は教師から絵本作家になった方で
その作家期間はわずか四年間。

54歳で亡くなられています。

まだまだ作品を見たかったなと本当に悲しいのですが・・・。

発表されている16冊の絵本を
これからも大事に読んでいきたいと思っています。


かがくいひろし氏の奥様のインタビューや
貴重なラフスケッチも見ることができるサイトはこちら。▶EhonNavi
 
それでは今日はこの辺で。よい一日を。sono


関連記事
テーマ: 絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する